ロイヤルウッドの工法(FG・RC)

   

ロイヤルウッドの住宅建築工法として、FG、RCの2つの工法があります。それぞれの工法の特徴につてご紹介します。

耐震性に優れたウッドのFG工法

FG工法とは、ロイヤルウッドが住宅を建築する際に用いられことがある手法で、木造の住宅を建築する際の新しい技術になります。実はFG工法は、Future Generationの略で、近未来的な建築工法とも言えるでしょう。木造住宅ということは、気が本来有している魅力を発揮させることが重要になってきます。

従来の木造建築方法(在来軸組工法)ももちろん悪くはないでしょうが、例えば耐震性などに問題があったともいえます。しかしFG工法ですと、それらよりも耐震性に優れていますし、風などにも強い住宅に仕上げることも不可能ではありません。

設計耐力や最大耐力も優れている

日本のあちこちで災害が起こっていますから、FG工法を取り入れることは決してマイナスではないでしょう。もちろんどんな地震にも耐えられるわけではありませんが、今まで実施されていた一般的な木造建築(在来軸組工法)より期待できそうです。FG工法だと、設計耐力や最大耐力も在来工法と比較してかなり増します。ロイヤルウッドの公式サイトに詳細な実験画像と結果が掲載されていますが、FG工法が効果的なことが一目瞭然でわかりますね。

人間に寄り添う住環境の構築

木材は実は相当な強みを持っている素材なのですが、それを活かしきれていないのが実情でしょう。扱い方次第では木は強度が強いですし、ある意味では火事に強いともいえます。さらに他の素材を使った住宅以上に自然的ですから、人間に寄り添う住環境の構築が可能です。こういったメリットとFG工法を組み合わせることによって、一昔前では考えられないような、魅力溢れる木造住宅が作れるはずです。

シックハウス被害を防ぐ優れた環境整備

そして最近は問題になっているのが、シックハウスです。ロイヤルウッドや手がけるFG工法の住宅は、F〇〇〇〇の材料を多種用いていますから、一般的な建売住宅などと比べてシックハウスによる被害を防ぎやすいでしょう。FG工法の強みと言えば様々ありますが、より良い住環境を整備しやすいというのは大きなメリットです。ロイヤルウッドも実際にFG工法を前面に押し出してアピールしています。

FG工法まとめ

FG工法を駆使して建築することで、住居内の温度も管理も楽になると思われます。エアコンによる電気代の節約にもなるでしょうし、とにかく1年中快適に暮らせるというのはありがたいことですよね。せっかく住宅を建てたにもかかわらず住みにくいということがないように、工法にもこだわるようにしてください。ロイヤルウッドでもFG工法は推奨されています。

RC工法とは

ロイヤルウッドのRC工法は、非常に厳しい管理体制のもと最高品質の構造体を実現させています。最近よく耳にするRC工法。簡単に言うと鉄筋コンクリート造のことを指します。住宅建設に携わる多くの企業がRC工法を採用しているのですが、ロイヤルウッドのRC工法はどういったものなのかを紹介したいと思います。

最も大切な地盤調査

■ボーリング調査

この段階で手抜きをすればどんなに優れた住宅であっても必ずトラブルの元になります。ロイヤルウッドでは地盤調査の段階から徹底的な調査をすることで一切の手抜きをせず丁寧に取り組んでいます。ボーリング調査ではハンマーを自由落下させ標準貫入試験用のサンプラーを約30cm打ち込んでどのくらいの打撃回数を要するのかを確認します。これによって強度を知ることができ、どれだけ深くて硬い層でも調査を可能としています。

■基礎配筋

基礎配筋の段階では絶対にずれが生じないように鉄筋と鉄筋を結束線でつなぎます。これは熟練の職人でこそできる仕事で、経験がなければ最も心配なずれを巻き起こす原因につながります。慎重に丁寧にこの作業を行っていきます。基礎コンクリートを打設する際には特に天候を配慮して作業を行います。地域によっても異なりますが大雨や雪など最近の日本はとても極端な環境変化に見舞われています。どんな環境であっても住宅が影響を受けることの内容細心の注意を払って行っています。

■打設前の散水

体躯コンクリート打設の段階になると外からみても配筋の様子をはっきりと確認できるようになってきます。ロイヤルウッドではこの打設前には必ず散水する工程を取ります。その理由は不要なごみを確実に除去することと、散水によってコンクリートに含まれている水分が型枠に吸収されてしまうことを抑えることができるからです。この時に散水するかしないか、また充分に散水するかしないかでその後が大きく変わってきます。これも長年のコンクリートへの研究があってこその工程になっています。

RC工法まとめ

ロイヤル・ウッドのRC工程は人によっては時間がかかりすぎると思う人もいるかもしれません。早く家を手に入れたいと思うことはもちろん当たり前の考えなのですが、時間をかけて慎重に行ってこそ、最高品質のRC住宅を完成させることができます。顧客の立場になり、顧客が理想とする住居を完成させ、いつまでも安心で快適な生活を送れるような環境をロイヤル・ウッドは提供しています。

 - 建築工法