ロイヤルウッドのあれこれ

フランク・ロイド・ライトの精神を受け継ぐオーガニックハウス、木造・RC注文住宅などを展開しているロイヤルウッドについてのサイト

ロイヤルウッドのFG工法

      2018/06/13

耐震性に優れたロイヤルウッドのFG工法

FG工法とは、ロイヤルウッドが住宅を建築する際に用いられことがある手法で、木造の住宅を建築する際の新しい技術になります。実はFG工法は、Future Generationの略で、近未来的な建築工法とも言えるでしょう。木造住宅ということは、気が本来有している魅力を発揮させることが重要になってきます。

従来の木造建築方法(在来軸組工法)ももちろん悪くはないでしょうが、例えば耐震性などに問題があったともいえます。しかしFG工法ですと、それらよりも耐震性に優れていますし、風などにも強い住宅に仕上げることも不可能ではありません。

設計耐力や最大耐力も優れている

日本のあちこちで災害が起こっていますから、FG工法を取り入れることは決してマイナスではないでしょう。もちろんどんな地震にも耐えられるわけではありませんが、今まで実施されていた一般的な木造建築(在来軸組工法)より期待できそうです。FG工法だと、設計耐力や最大耐力も在来工法と比較してかなり増します。ロイヤルウッドの公式サイトに詳細な実験画像と結果が掲載されていますが、FG工法が効果的なことが一目瞭然でわかりますね。

人間に寄り添う住環境の構築

木材は実は相当な強みを持っている素材なのですが、それを活かしきれていないのが実情でしょう。扱い方次第では木は強度が強いですし、ある意味では火事に強いともいえます。さらに他の素材を使った住宅以上に自然的ですから、人間に寄り添う住環境の構築が可能です。こういったメリットとFG工法を組み合わせることによって、一昔前では考えられないような、魅力溢れる木造住宅が作れるはずです。

シックハウス被害を防ぐ優れた環境整備

そして最近は問題になっているのが、シックハウスです。ロイヤルウッドや手がけるFG工法の住宅は、F〇〇〇〇の材料を多種用いていますから、一般的な建売住宅などと比べてシックハウスによる被害を防ぎやすいでしょう。FG工法の強みと言えば様々ありますが、より良い住環境を整備しやすいというのは大きなメリットです。ロイヤルウッドも実際にFG工法を前面に押し出してアピールしています。

まとめ

FG工法を駆使して建築することで、住居内の温度も管理も楽になると思われます。エアコンによる電気代の節約にもなるでしょうし、とにかく1年中快適に暮らせるというのはありがたいことですよね。せっかく住宅を建てたにもかかわらず住みにくいということがないように、工法にもこだわるようにしてください。ロイヤルウッドでもFG工法は推奨されています。

 - 最近の投稿